日本亜健康研究所

日本亜健康研究所は、日本政府が推進する震災復興アクションに参加しています。

科学データ

亜健康科学データ

日本では亜健康流行病学調査の結果:2226人の受検者に、亜健康アンケート調査をした結果を分析し、身体、心理、社会適応性をみると、亜健康の発生率は52%でした。
(柯彬など: EMウエルネスセンターにおける亜健康人間ドックについて. 第12回目国際統合医学会学術集会, p32, 2011.4, 沖縄)

中国都市人口の健康白書では亜健康人約8割:2009年に、6ヶ月間をかかって、北京、上海、広州、深センなど31省、直轄市の589都市から、300万サンプルのデータに基づく分析により、大都市のホワイトカラーの亜健康の割合は76%を示した。疲労状態で約60%、本当の意味での“健康”の比率が非常に低い(3%未満)。35 - 50歳の高所得層には、“生物学的年齢”以上の老化の傾向は明らかに加速しています、実年齢より平均で、約10年を超えた。

http://www.cworksafety.com 2009-12-08 10:09:45 中國經濟網

人間ドックの結果「健常者」は過去最低の8.4%に!2011年8月19日、日本人間ドック学会が記者会見を開き、2010年に人間ドックを受けた人たちの検査結果の概況について発表したことが報道された。この会見によると、人間ドックを受けた人は308万人。その内、検査結果に異常がみられない「健常者」は8.4%となった。この数字は同学会がデーターを集計し始めた1984年以来最低のものであった。1984年には健常者は29.8%であり、年々、健常者の割合は減ってきている。

http://www.best-worst.net/news_E4lUboDjB.html ベスト&ワースト

  • イベント・講習会
  • 体質チェック
  • 亜健康チェック
  • 養生旅行ツアー
  • 取扱商品
  • 写真集
  • メディア
  • 亜健康と未病の検査
  • 目指そう!脱・生活習慣病
  • 日中医学のファシリテーター
  • 医学翻訳・校正
  • 社会活動
  • その他事業