日本亜健康研究所

日本亜健康研究所は、日本政府が推進する震災復興アクションに参加しています。

2015年11月29日の新着・お知らせ

11月29日 

森美智代様との不思議な出会い

難病の小脳脊髄変性症を発病した森さんは、西式甲田療法を実践し、難病を見事克服されたそうです。森さんは、17年以上もの間、一日一杯750ccの青汁を飲むだけで、それ以外の食事を摂らない「不食」生活を送っています。実際にお会いした森さんは、顔の色つやも良く、とても元気なご様子でした。

森さんの腸内細菌を検査した理化学研究所の辨野義己先生によると、森さんの腸内には、植物の繊維を分解して、アミノ酸を作り出してくれる細菌が、普通の人間の100倍近い9.8パーセントも存在するそうです。

また、京都のルイ・パストゥール医学研究センターの検査により、森さんには、免疫力の指標の1つである「インターフェロンα」が、普通の人の4倍以上もあることが判明しました。「インターフェロンα」は、ウイルスやガンなどの腫瘍細胞に対する抑制作用が強いことで知られています。森さんは、自身の著書『食べることやめました』に、断食や少食でガンや難病が治ることは、この「インターフェロンα」の増強が効果的であると書いています。

着物を着ている方が森様です着物を着ている方が森さんです。