日本亜健康研究所

日本亜健康研究所は、日本政府が推進する震災復興アクションに参加しています。

亜健康人間ドックQ&A

Q1:亜健康人間ドックは人間ドックとなにか違いますか?

A:亜健康人間ドックは、病気を見つけることよりも、器質的疾患に至る前の機能的変化を発見することを重視すると考えている。

亜健康人間ドックは病気(病名)を診断することではなく、非正常な状態を見させて、気づく、ライフスタイル改善、食事、運動、心より健康に戻るようなアドバイスを致します。

亜健康ドックの検査には、人間ドックでは早期発見ができない異常を検出することができた。

自身の目で体の非正常の部分を確認できたことによって、お客様の健康意識が高まった。

人間ドックは、病気の早期発見、早期治療を目的に行われておりますが、亜健康ドックは、疾病予防・健康増進を目的にセルフメディケーションを推進している。

Q2:亜健康人間ドックを受けましたら、人間ドックをしなくでもよろしいですか?

A:いいえ、亜健康人間ドックは血液の生きている状態、経絡の状態、疲労の状態、酸化ストレスと抗酸化力の状態および体質を分析することで、病気の診断ができないので、従来の検診をそのまま受けてください。

Q3:既に病気をかかったが、亜健康人間ドックを受けでもよろしいですか?

A:はい、体質問診、血液や経絡の検査・分析より、現在あなたの体にどんな状態になっているかが分かり、その上、に対する適切な運動、体質の改善、病気を再発しなくようの食生活などのアドバイスができますので、今後の病気の再発を防ぎます。

< 戻る次へ >

  • 亜健康と未病の検査
  • 目指そう!脱・生活習慣病
  • 日中医学のファシリテーター
  • 医学翻訳・校正
  • 社会活動
  • その他事業